文化・芸術・クリエイティブ発信 K2ブログ

ツーリズムEXPOジャパン 2017
2017年09月25日 Life Style

ツーリズムEXPOジャパン 2017へ行って来た!

おはようございます。k2代表永田です。
先週金曜日は、あいにくの雨天でしたがツーリズムEXPOジャパン 2017(2017/9/21~24)に行ってきました。ツーリズムにおける最新IT事情やインバウンド情報などを仕入れることが訪問の目的でした。
情報収集が目的で行ったので展示会はもちろんでしたが、金曜日のイベントとして開催されていた、「大学生観光まちづくりコンテスト2017 成果発表会」での大学生たちのプレゼンが素晴らしくとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

CMSでの集客ならWEBサイト制作会社ケイツー・インタラクティブへ

インバウンドとツーリズムの熱気

ツーリズムEXPOジャパン 2017 入り口
入り口見て一瞬どうしようかと思いました・・・。

この行列を見たら最近のインバウンド熱、そしてツーリズム熱のすごさがよくわかりますよね。でも良かったことに見た目の割りに早く進み、20分ほどでチケットをGETすることが出来ました。一般向けの土日はどうだったんでしょう?入るのにかなり大変そうな気がしました。。

そして・・・

チケット

ジャーン!!

2013年に初開催した訪日外国人とローカル日本人との出会いの場作りをした、Miracle International Partyから4年かかりましたが、念願のインバウンド事業に携わることが出来るようになり事業化に至りました。がんばります!

K2のミッションは『ボーダレス・コミュニケーション』の実現です。つまり僕たちは、このミッション実現に向けて、そして2020年の東京オリンピックに向けて、メディア・媒体の多言語化からコミュニケーション・教育の分野まで、これから起こる様々な社会課題を解決していきます。

もし、このブログをご覧の方でインバウンド(訪日観光)向けプロモーションをお考えの方がいましたら、是非『インバウンド(訪日観光)の集客PR』もご覧ください。

海外旅行誘客エリアは旅する展示会

会場は海外旅行誘客と国内旅行誘客(一部インバウンド)の半分づつに分かれていて、海外の方ではアジア・ヨーロッパを中心に世界各国から政府・旅行関係業者が出展して賑わっていました。

ツーリズムEXPOジャパン 2017 中国政府観光局
中国国家観光局の前を通ったら民族と民族衣装の紹介をしていました。民族衣装系のお話は大好きなので思わず写真をパシャリ。

僕が主催する団体粋プロジェクトのプレゼン交流イベントsocialbarでも、先日アオザイを紹介してもらったばかりですが、今度は中国の民族衣装もやってみたいと思いました。

もし芸術・文化・歴史に興味があるようでしたら、『Travel Hub Mixでカルチャーハック(HAC)してきたぜぃ!!』も是非ご覧ください!

ゆるキャラ
台湾のゆるキャラがチャキチャキと目の前を通り過ぎて行く・・・

う~ん、シュール。

おもてなしの国内旅行(インバウンド)展示

ツーリズムEXPOジャパン 2017 国内旅行展示
続いて国内旅行の展示を見て回るも、本番が土曜日・日曜日のようで何となく活気がもう一つな感じ。。

そして、一番の目的インバウンド向けサービスのトレンド調査ですが、各社ザッと回ってみても正直目新しいものは無いように感じました。

  • ・wi-fiサービス利用者のデータ収集 / 分析
  • ・多言語化サービス
  • ・留学生 / インターンシップ
  • ・外国人スタッフの採用・派遣

大きく分けると上記のような内容のいづれかに分類できるサービスでした。

ひとつだけ気になったサービスは「おもてなしプラットフォーム」です。これは経済産業省が主体となって、デロイトトーマツ社に業務委託をしている事業です。かんたんに言ってしまえば、インバウンドに関わるステークスフォルダーを集めて、それをプラットフォーム化し連携していこうというサービスです。
詳しくはおもてなしプラットフォームホームページをご覧下さい。

これ面白そうな取り組みなのですが、行政主導になるとクールジャパンみたいになっちゃうリスクもあるし・・・

今後の動向に注目したいですね。

大学生たちのパワーと実行力に感動した話

大学生観光まちづくりコンテスト2017 観光庁長官賞を受賞 成果発表会
もう一通り全部見たかなぁ~っと思ったところで、活気のあるコーナーを発見しました。

大学生観光まちづくりコンテスト2017 成果発表会

大学生観光まちづくりコンテスト2017は大学生たちが次の4つのステージのいづれかにエントリーし、そのステージのテーマに沿ったプランニングを競うコンテストです。

  • ・インフラツーリズムステージ
  • ・北陸ステージ
  • ・多摩川ステージ
  • ・大分ステージ

各ステージで観光庁長官賞を受賞したチームが成果発表をしていました。彼らは実際に現地調査を行い、そして地域の特性や産業を活かし、様々な課題を解決するためのアイデアを盛り込んだ実効性のある企画を発表していました。

発表の場は、若いアイデアを活き活きと発表するだけでは無く『実際に現地を訪れて』『そこで暮らす人たちと真剣に向き合い』積み上げてきた企画の成果発表だったので、彼らの情熱と熱気に少し圧倒されてしまいました。既に事業として動き始めている企画もあり、キチンと何十億単位の経済効果が試算されているものもあり本当に驚きました。

まだ具体的な内容の発表は公式サイトでされていないので控えますが、どの企画も本当に素晴らしく、是非もう一度お話を聞いてみたいと思いました。また、どこかで聞けるかなぁ?

『ツーリズムEXPOジャパン 2017へ行って来た!』まとめ

『ツーリズムEXPOジャパン 2017へ行って来た!』いかがでしたでしょうか?旅行産業やインバウンド熱が過熱する一方で、国内旅行向けの展示は目新しいモノ・コトが少ないなぁ~なんと思いながら会場を歩いていたのですが、最後に大学生たちの企画が聞けて凄く凄くワクワクすることが出来ました。若い人たちは本当にパワーと行動力がありました。僕もどんどん関われる機会を作って、面白いことの実現やサービス開発にチャレンジしていきたいと思いました。

ゆるキャラ
あ、なんかいた!!(o^∇^o)ノ

コンって後ろからつっついたら転がっちゃいそう。。

そして一人では起きあがれなさそう・・・(笑

その他のおすすめ記事

ケイツー・インタラクティブをSNSでフォローする

PAGE TOP

ケイツー・インタラクティブの出来ること

PAGE TOP