文化・芸術・クリエイティブ実験室

下町の発明王 ドクターセキバに会いに行く!!
2017年11月06日 東京スカイコミュ

下町の発明王 ドクターセキバに会いに行く!!

おはようございます!K2代表永田です。
突然ですが、みなさん発明家ってどんなイメージをですかね?エジソンは伝記で読んだだけ、大学や企業の研究室にいるような人とは中々接する機会がありません。だから中々ピンとこないですよね、発明家って。あ、あれか!バック・トゥー・ザ・フューチャー!!(笑
それはさておき、ゲームを作り続けて30余年、下町の発明家ヒラメキ工房のセキバさんに発明について、お話を聞くべく訪ねてきました。

CMSでの集客ならWEBサイト制作会社ケイツー・インタラクティブへ

かんたんで子供が楽しいボードゲーム開発

下町の発明王、関場さん
こちらが下町の発明王、関場さん。

関場さんは浅草から川を渡り徒歩5分くらいの場所(墨田区)に拠点を構え、日々ボードゲームの発明に取り組んでいます。もう30年近くボードゲームを研究しているそうです。

子供が大人に、弱い人が強い人に、たまには勝てる簡単な頭脳ゲームを多数商品化し、教育界や世の中の多くの人に喜ばれ感謝されたいと考えてます。
参照:ヒラメキ工房

このように子供が大好きな関場さんはPRを兼ねて、墨田区内のいろいろなお祭りに参加し、自身の商品を使い子どもたちと遊びます。その他にも、区内の小学校からの要請で特別授業や公開授業にも参加するなど教育にも力を入れています。

次に、いくつか関場さんが開発したゲームを紹介ます。

英語トランプ

英語トランプ
まず、最初に遊んだ・・・じゃなかった、取材したのは英語トランプ(笑)。このトランプは様々なゲーム(遊び)があり、ゲームのいくつかを関場さんが開発しました。

ご覧の通りアルファベットが描かれただけのカードですが、お互い1枚づつ引きテーブルに置き、3枚以上のカードで単語が出来たらカードがもらえるという単純なゲームです。かんたんだから誰でも直ぐにゲームに参加できるので、英単語を覚えるのにとても便利です。この写真の場合は「D」「O」「G」で DOG が揃っています。

なるほど!面白いです。シンプルな程かんたんにゲームに引き込まれてしまいます。単語を反射神経で出していくトレーニングに最適です。

ザ・カメレオン

ザ・カメレオン
次に紹介してもらったのはザ・カメレオン。これはビニールで出来た3角形の模様ですが、いろいろな形に揃えていきます。形、色によって難度が変わります。なんか、昔懐かしいスネークキューブを思い出しました。

その他の気になったゲーム

反転はさみゲーム『遊宝』
反転はさみゲーム『遊宝』。見たままの丸いオセロですが、これは説明するのが難しいです!!

だが、しかしこれが凄く面白い!!

加山雄三さんと一緒に
な、なんとあの、加山雄三さんと一緒に・・・

オセロよりもドラマティックな大逆転劇があるこのオセロは、大人から子供まで本当にエキサイティングに楽しむことが出来ます。このオセロの玉はそろばんを作っている兵庫県の会社さんに依頼してる特注品だそうです。木の手触りがまた素敵でした。

その他にもじゃんけん式の将棋や、そろばんの玉を使ったゲームなど、今まで見たこと無いゲームが沢山置いてありました。

観光情報紙とゲームをコラボレーション
さらに、英語、中国語、韓国語に対応している観光情報紙とゲームをコラボレーションしたものまでありました!この商品は東京スカイツリータウン・ソラマチ5Fのすみだまち処で売られているそうです。気になる方は是非観光のついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

『下町の発明王 ドクターセキバに会いに行く!!』まとめ

『下町の発明王 ドクターセキバに会いに行く!!』いかがでしたでしょうか?発明王と聞くと遠い時代の偉人だったり、映画の中の誰かだったりと、非日常かつ縁のない存在に感じてしまいますが、関場さんのように実は身近な所にとんでもない発明家がいたりするかもしれませんね。

僕も何かアイデア考えてクラウドファンディングでチャレンジしてみようかな?

それではまた。

その他のおすすめ記事

ケイツー・インタラクティブをSNSでフォローする

PAGE TOP

ケイツー・インタラクティブの出来ること

PAGE TOP